ユーロ2016民放はテレビ朝日!放送日程、大会方式と見どころは?

この記事は5分で読めます

EURO2016

Sponsored Link

ユーロ2016の地上波放送はテレビ朝日が独占!

いよいよ開幕が近づいてきた欧州選手権、UEFA EURO 2016。

開催国は、ユーロ開催が3度目となるフランスです。
パリを始めとして、ランス、リール、サンドニ、サンテティエンヌ、リヨン、ボルドー、トゥールーズ、マルセイユ、ニースと、フランスリーグの強豪チームが本拠地とする10か所で行われます。

開催期間は2016年6月10日(金)~7月10日(日)。約1か月かけて、ヨーロッパチャンピオンを決する大会は進行していきます。

大会の地上波放映権ですが、今回はテレビ朝日が獲得しました。
放送が確定している試合の日程と対戦国の組み合わせがすでに発表されていますね。

※全試合観たいという方は、WOWOWの契約をしないと観ることはできません。ちなみに、開幕戦は無料放送するそうです。

ユーロ2016、テレビ朝日の放送予定と組み合わせ!

Sponsored Link

今回はフランス開催ということで、日本との時差は7時間あります。
ですので、試合はほぼ深夜か明け方です。サッカーファンには、また寝不足の日々が続いてしまいそうですね!^^;

テレビ朝日の放送日程

<グループステージ>
6月11日(土)3:40~6:00 フランスvsルーマニア(開幕戦/グループA)
6月12日(日)0:50~3:00 ポーランドvs北アイルランド(開幕戦/グループC)
6月12日(日)3:45~6:20 イングランドvsロシア(グループB)
6月18日(土)3:50~6:00 スペインvsトルコ(グループD)
6月19日(日)3:45~6:20 ポルトガルvsオーストリア(グループF)
6月22日(水)0:50~3:00 ハンガリーvsポルトガル(グループF)
※放送時間は日本時間です。

決勝トーナメントの放送日程は、まだ確定していないようですが、グループリーグはこのようなスケジュールになっています。

グループFのポルトガル戦が、なぜか2試合ありますが、クリスチアーノ・ロナウド絡みのスポンサーの関係でしょうかね?笑

「死のグループ」と言えるグループEの試合が1試合もないのは少し残念です。個人的には、FIFAランキング2位と躍進するベルギーの試合は観たかったですね。

ユーロ2016の大会方式

ファンにとっては、お馴染みの大会方式ですが、このフランス大会から大きく変わった点が1点あります。

これまで本大会出場は16か国でしたが、今大会から24か国に増えました。
グループステージも4グループから6グループになりましたね。

グループの上位2か国と、各グループの3位の中から成績上位の4か国の計16か国が決勝トーナメントに進むこととなります。

テレ朝で放送される試合の見どころは?

フランスvsルーマニア

まず、なんと言っても開幕戦の「フランスvsルーマニア」ですね。

ハジやムトゥなどの名選手を輩出していたルーマニアも今は昔、ここ近年はパッとしない時代が続いていますね。今大会での古豪復活を期待していますが、初戦の相手はホスト国”レ・ブルー”フランスです。

恐喝で謹慎中のベンゼマと被害者ヴェルビュエナの欠場に加え、ヴァランを始めとする怪我で見送られた選手などもいますが、それでも錚々たる名前を連ねるフランス代表。ベンゼマがいない分、迫力は少々落ちますが、地元ということもあり、このグループでの優位は変わらないでしょう。

フランスのスタープレイヤーたちを、予選を無敗で突破した堅守のルーマニアが如何にして守るかがポイントになると思います。

フランスの注目選手はユベントスの10番ポグバとアトレチコ・マドリードのグリーズマン。さらには、鳴り物入りでマンチェスター・ユナイテッドに加入した”アンリ2世”と呼ばれるマルシャル、リベリーの後継者と呼び声高いバイエルン・ミュンヘンのコマンあたりですね。

ルーマニアの注目選手は、”ルーマニアのメッシ”との愛称を持つトルジェぐらいでしょうか。

フランスワールドカップで優勝した時のキャプテンで、勝ち方を知っているディディエ・デシャン監督の采配にも注目です。

ポーランドvs北アイルランド

ポーランドの注目選手はやはり、ブンデスリーガで得点ランキングトップをひた走る、バイエルン・ミュンヘンのレバンドフスキ。
長身でテクニックもあり、非凡な得点能力を持ったレバンドフスキを中心とした攻撃を北アイルランドがどこまで守り切れるかが勝敗を分けることになるでしょう。

北アイルランドは、ユーロ本大会は初出場となりますが、予選をトップで通過しています。
ウェストブロムウィッチで共にプレーする、ジョニー・エヴァンスとギャレス・マッコーリーのディフェンスは強固です。予選で大活躍を見せたFWカイル・ラファーティの得点力にも期待です。

最も注目すべきは、中盤の運動量豊富なキャプテン、スティーブン・デイヴィス。北アイルランドは彼を中心としたまとまったチームです。初出場で自国も盛り上がる中、ダークホースとなれるのか…。そういう意味で注目の1試合となるでしょう。

イングランドvsロシア

予選を10戦全勝で通過したイングランド。31得点3失点とその内容も完璧です!

スピード、テクニック、高さ、しなやかさ、判断の速さなど申し分のない、20歳の若き天才デレ・アリがイングランドの注目選手です。弱点を強いて言うなら精神面ですかね。
ルーニーが一列下がってゲームメイクし、アリの得点能力をうまく引き出せれば、驚異の攻撃力となるでしょう。

その他、岡崎選手と共にレスター・シティの初優勝に貢献したジェイミー・ヴァ―ディーやトッテナムで25ゴールをマークしたハリー・ケインにも注目ですね。

対するロシアは2年後にワールドカップが控えているため、こちらも下手な戦いは見せられないところでしょう。

レアルマドリードからバレンシアにレンタル移籍中のデニス・チェリシェフも怪我で欠場ですが、最近ロシア国籍を取った内田選手の同僚、シャルケのロマン・ノイシュテッタ―に注目しています。

また、ズバ抜けた選手はいませんが、全体的に長身でバランスの取れた選手が多く、試合巧者の印象も強いので、決してあなどれない相手です。

スペインvsトルコ

ユーロ2連覇中のスペイン。中盤と後ろは相変わらずの安定感ですが、年齢的に上がってきているのは少々気になります。
また、ビジャのような爆発力のあるフォワードがいないのも悩みの種となるでしょう。

とはいえ、やはり層は厚く、ポゼッションサッカーも健在なので、今回も優勝候補の一角として名前はあがるでしょう。

対するトルコは、近年低迷が続き、今予選も3位とギリギリでの通過。
ですが、注目選手は多い国でもあります。

トルコでプレーする細貝選手やビッグクラブも注目しているという、DFセルダル・アジズ。
中盤は、バルセロナのアルダ・トゥラン、レバークーゼンのハカン・チャハノール、ドルトムントで香川選手の同僚のヌリ・シャヒン。さらには、 “トルコのメッシ”と呼び声高い、エムレ・モル。とかなり豪華なメンバーが揃っています。

「○○のメッシ」多くない?というツッコミはさておき、特に注目すべきは、チャハノール。彼の天才的なフリーキックは、一撃で無敵艦隊を沈める威力を持っています。

スペインのポゼッションサッカーで試合は進んでいくと思いますが、トルコもタレントは揃っているので、ワンチャンスを物にして勝利することも充分に考えられます。

ポルトガルvsオーストリア

言わずとしれたスーパースター、クリスチアーノ・ロナウドを筆頭にナニ、モウチーニョ、ペペなどのベテラン勢と、来シーズンからバイエルン・ミュンヘンでのプレーすることが決まっていて、注目されているレナト・サンチェスなど若手も台頭してきているので、かなり成熟したチームに仕上がっていると言えるでしょう。

リカルド・カルバーリョが38歳というのが少々気になりますね。
そして、ロナウドももう31歳なんですね。時が経つのは早い…。

ですが、やはりこのグループでは敵なしではないでしょうかね。

対するは元日本代表の宮本恒靖氏も注目している、オーストリア。
なぜ注目されているかと言うと、U-20ワールドカップで準優勝した時のメンバーが、今の主力メンバーになってきているからです。

注目選手は、バイエルン・ミュンヘンのダヴィド・アラバ。チームでは左サイドバックですが、代表では中盤を任されるユーティリティプレイヤー。PKキッカーとしても優秀な選手です。レスター・シティのディフェンダー、クリスティアン・フクスやディナモ・キエフで活躍するアレクサンドル・ドラゴヴィッチらの強固な守備にも注目です。

ポルトガルの攻撃をオーストリアが受けながらチャンスを待つといった試合展開になるでしょう。

ハンガリーvsポルトガル

11大会ぶりの本大会出場となった、ハンガリー。実に44年ぶりです!
北アイルランド、ルーマニア、フィンランドといった強豪不在の予選グループで3位、プレーオフでノルウェーを退けて予選を通過しました。

ベテランゴールキーパーのキラーイを中心とした守備で、ポルトガルの攻撃を防ぎきることができるかが、この試合の鍵となるでしょう。

ハンガリーの注目選手は、中盤左のサイドアタッカー、ジュジャーク・バラージュ。フリーキックも蹴れ、攻撃の軸となる選手です。しかし、チャンスメイクができても決定力不足は否めないので、前線が奮起すれば、ハンガリーにもチャンスもあるかもしれません。

総合的には、やはりポルトガルが圧倒的に有利と見て良いでしょう。

以上、テレビ朝日で放送されるグループステージの見どころを解説してみましたが、いかがでしょうか?
試合展開を予想しながら観るのは楽しいですね。サッカーは何が起こるかわからないので、意外な展開の試合を観ることになるかもしれません。

それでは、みなさんが寝不足で体を壊さぬように祈っています!笑

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. redbull_airrace
  2. レッドブルエアレース2016
  3. 室屋義秀 初優勝
  4. 2016エアレースクイーン大賞
  5. 東京五輪エンブレム
  6. redbull_RQ_t01