ICONIQが“伊藤ゆみ”に改名!プロフィールと経歴、性格は?顔は整形?

この記事は2分で読めます

伊藤ゆみ(ICONIQ)

Sponsored Link

ICONIQが旧芸名“伊藤ゆみ”に改名!今後は女優業中心に!

歌手で女優のICONIQが旧芸名“伊藤ゆみ”に改名し、再スタートを切ることが明らかになりました。

ICONIQと言えば、2009年に資生堂「マキアージュ」のCMで坊主頭を披露したことで世間に衝撃を与えたことが有名ですね。さらにその翌月にはEXILEのATSUSHIとのコラボ曲『I’m lovin’ you』が同商品のCM曲として起用されるなど、立て続けに話題になっていました。

伊藤ゆみ(ICONIQ)
出典:http://matome.naver.jp/

この話題は、ICONIQという名前で再デビューした時のものであって、今回はそれ以前に活動していた時の名前“伊藤ゆみ”に名を戻す形となりましたね。

今後は“伊藤ゆみ”として、女優業中心の活動にシフトチェンジしていく予定だと所属事務所のエイベックス・マネジメントは発表しています。

確かに、“ICONIQ”という名前はインパクトはありますが、女優っぽくない名前なので、あまりピンと来ませんよね。女優中心でやっていくなら、改名は正解かもしれませんね。

“伊藤ゆみ”のプロフィールと経歴は?

Sponsored Link

【プロフィール】
伊藤ゆみ(いとう ゆみ)
生年月日 :1984年8月25日
出身地  :鳥取県鳥取市(在日韓国人)
職業   :歌手、作詞家、女優
所属事務所:エイベックス・マネジメント

経歴としては、2002年に韓国でアイドルグループ「Sugar」のメンバーとしてデビュー。翌2003年には日本進出を果たします。この時の芸名は、“アユミ”でした。

Sugar解散後の2008年には、エイベックス・エンターテインメントに移籍し、“伊藤ゆみ”として女優活動を開始。2009年には、映画『約束の地』で初主演を果たしています。その後、アメリカロサンゼルスへ留学。

2009年に、“ICONIQ(アイコニック)”に改名して再デビュー。先にも述べた資生堂「マキアージュ」のCMでの坊主頭やEXILEのATSUSHIとのコラボ曲『I’m lovin’ you』が話題となり大ブレイク。2010年には、この曲で日本レコード大賞の新人賞を受賞しています。

その後も第2弾シングル『Change Myself』やm-floのVERBALとのコラボ曲『I.D feat.VERBAL(m-flo)』を次々発表。また、マドンナの『ライク・ア・ヴァージン』をカバーするなど、精力的な音楽活動が続きました。

エイベックスでの音楽活動を経て、この度“伊藤ゆみ”に名を戻し、今に至ります。

“伊藤ゆみ”って、どんな性格?

父親から「韓国語を話せない」という理由で芸能界入りを反対されていましたが、渡韓して克服するなど、行動力があり、努力家であることがわかります。

また、2012年に歌手のGACKTさんとの熱愛が報じられ、ベッドでのピロートークを赤裸々に語るなど、かなりオープンで大胆な性格であるところが伺えますね。

この交際に関しては、売名行為だという批判も多かったですが、交際は2年ほど続いたので、一概にそういうわけでもなさそうです。別れた時も「ICONIQって誰?」と言われるなど、売名行為だったとしても失敗に終わっていますが…。

“伊藤ゆみ”の顔は整形?写真画像の遍歴は?

芸名の遍歴は「アユミ」→「伊藤ゆみ」→「ICONIQ」→「伊藤ゆみ」となっています。芸名の流れに沿って、過去から今に至るまでの写真画像を見比べていきましょう。

アユミ・伊藤ゆみ時代
伊藤ゆみ(ICONIQ)
伊藤ゆみ(ICONIQ)
伊藤ゆみ(ICONIQ)

ICONIQ時代
伊藤ゆみ(ICONIQ)
伊藤ゆみ(ICONIQ)
伊藤ゆみ(ICONIQ)
出典:http://matome.naver.jp/

伊藤ゆみ時代
伊藤ゆみ(ICONIQ)
出典:https://twitter.com/itoyumi_staff

“アユミ”時代の写真画像と“ICONIQ”時代の写真画像を見比べると、だいぶ顔が違いますね…。在日韓国人ということもあり、だいぶ顔をいじっていると噂されています。韓国は整形大国ですからね。

なにはともあれ、今までも女優業もこなしていたICONIQさんですが、“伊藤ゆみ”として雑誌SENSEで特集されるなど新たな活動をスタートさせています。今後、本格的に活動していくと思うので注目していきたいですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宇宙戦隊キュウレンジャー
  2. 三浦大知
  3. 御伽ねこむ
  4. 森川葵
  5. 仮面ライダー芸人
  6. 仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦